なかがわさんのワーホリ日記

なかがわさんのワーホリ日記

就活から逃れるように渡豪、1年間のワーホリ生活から何か得られるものはあるのか?21歳、超ゆとりが行く!オーストラリアワーホリ体験記

オーストラリアのスラングについて

 

G'day, mate! How are u going?

 

わたしの語学学校は火曜日から木曜までESLっていう自由参加型のクラスがあるのですが、今日のクラステーマがオーストラリアスラングだったんです。

 

その時見たyoutubeの動画が面白かったのでシェアさせてください!!

 

 

www.youtube.com

 

 

Breakfast=Brekkie(ブレイキー)

 

Biscuit(ビスケット)=Bikkie(バイキー)

 

Mosquito=Mozzie(モジー)

 

Sick day=Sickie(シッキー)

 

オーストラリアの人たちは、やたらと"なんやらキー"って言いたがる傾向があるみたいです(笑)

 

オーストラリア人のことを

Aussie(オージー)っていうのは知っていると思うんですけど

これこそまさにその典型的なのですね!

 

あとは、

 

Service station=Sarvo(サボ)

 

Abocado(アボカド)=Avo(アボ)

 

Registration(レジストレーション)=Rego(レゴ)

 

Vegitarian(ベジタリアン)=Vego(ベゴ)

 

Definitely!=Defo!(デフォ!)

 

みたいな感じで、やたらと2文字におさえたがったり…

 

マクドナルドはMacca's(マッカーズ)だし、

 

バーベキューはBarbie(バービー)なんですね。

 

なんでそんなにして言い換えるの!?って感じですよね…笑

 

ちなみに冒頭で書いた

 

G'day  っていうのはオーストラリア人がよ〜く使うあいさつ言葉で、Hello!とかHi!みたいな感じです。

 

MateはFriendの意味で、Thank you, mate! G'day, mate!のように使うみたいです。

 

友達じゃなくても、誰でも構わず、mate!!使ってる人もいる気がしますけど…。

 

人間みんなともだち!

 

今日もトラムを待っていたら、知らないおじさんに「冬だね〜」って話しかけられましたし、そんなフランクであたたかい国です、オーストラリア。

 

 

最初は訛りが強いから、オーストラリアはちょっとな…って思っていましたけど、それを学ぶのもまた楽しいものですね!

 

 

 

 

って言いながら、今大好きなハリーポッター見てるんですけどね(笑)

 

思いっきりイギリス英語じゃん!←

 

(ちなみに私が愛してやまないのが、アズカバンの囚人です。神回です。)

 

はい!ちょっと話が脱線してきたので、今日はこの辺で!

 

オーストラリアのスラングを習ったよ。というブログでした。

 

 

今日の一言

 そろそろ湯船が恋しくなってきました。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

 

 

広告を非表示にする